福岡 ユニットバスリフォーム(戸建て住宅/冷たかったタイル浴室) 福岡市南区高宮

  • 2017.04.04 Tuesday
  • 15:19

 

■福岡市南区高宮 タイル風呂からユニットバスへ リフォームしました。

福岡 不動産・リフォーム会社 博多の建築士三兄弟

(福岡県宅地建物取引業協会会員・TOTOリモデルクラブ会員・西部ガスリビング指定販売店)

 

 

0000.png

どんな工事をしているの〜?

 

■戸建て住宅の浴室のリフォーム事例の紹介です。

工事の様子を中心にご紹介したいと思います。

 

↓浴室工事のビフォー・アフター (工事途中からの写真です。)

 

0001_1.jpg

 

こんなにキレイになります。

 

■ご相談の内容

以前からお付き合いのあるお得意様からのご相談です。

「30年を超える住宅です。」

「浴室・洗面脱衣室・給湯設備が古く使いにくくなっているので、相談に乗ってもらいたい。」

「浴室はタイル床が冷たく、洗面脱衣室の床の状態が悪い。」

「快適にお風呂に入れるようにしてほしい!」

 

ご相談ありがとうございます!

早速、専門診断へお伺いします。 何でもご相談ください!

 

↓専門診断 タイル製の浴室

 

0010.JPG

 

ステンレス製の浴槽: 表面の金属は、ステンレスらしくキレイに輝いていますが、冷たさを感じます。

 

壁と、床は、上質な磁器タイルが貼られています。高級な仕様ですが、とっても冷たい。

 

天井は、樹脂製のバスリブが貼られています。

 

↓浴室のタテヨコの寸法を確認して、どのサイズのユニットバスが入るの検討します。

 

0011.JPG

 

※写真で測定している横幅が、ユニットバスのサイズに影響しました。

 (左右のタイルを剥ぎ落さないと、規定のサイズのユニットバスが入りません。)

 

洗面脱衣室の床は、下地の板が湿気により傷んでいます。 歩くと、少し下がる感覚でした。

床の補修工事も必要です。

 

↓浴室には、段差が20cmほどあります。

 

0012.JPG

 

安全のためにも、段差の無いユニットバスをご提案したいと思います。

 

↓現在、引違のアルミ製の扉があります。

お客様より、リフォーム後も「 引違にしたい 」ご要望がありました。

 

0013.JPG

 

浴室には、大きめの換気用の窓があります。

この窓の取り替えが必用か、検討が必要です。

 

↓ホーロー製の洗面台は、塗膜が劣化しています。 シャワーが使えるようにしたい。

 

0013_1.JPG

 

 

↓浴室の各部分の寸法を細かくチェックします。

 

0014.JPG

 

↓窓付きの浴室は、窓を開ければ換気が出来るせいか、換気能力の小さい換気扇が付いていることが多いようです。

 

 換気扇は故障していました。

 

0015.JPG

 

浴室の換気扇は、浴室・脱衣室まわりの木部を腐食から守ることに役立ちます。

 

24時間換気をおススメします!

 

↓脱衣室の天井は、以前の電気工事の際に雑に切り口が残されていました。 (別会社の仕事。)

何とかキレイにしてあげたい!

 

0016.JPG

 

 

↓屋外スペース:浴室の窓の外側には、防犯用の格子が付いています。

 

0017.JPG

 

お客様と相談して、予算を抑える目的から、アルミサッシを再利用する計画で進めることにしました。

 

↓次は、古くなった電気温水器を確認します。

 

0018.JPG

 

電気温水器の廻りは、木材と、樹脂製波板で囲んでありました。

 

商品の取り替えに必要なスペースがあるのか確認。

 

↓ナショナル製の電気温水器 型式:DH−4668 タンクの容量は、460 Lです。

 

0019.JPG

 

旧式の電気温水器から、エコキュートへ交換したいと思います。

 

↓エコキュートへの交換のご提案。

 

0020.png

 

浴室内の配管が古くなっているので、エコキュートから配管をつなぎ直します。

 

(給水・給湯・ふろ配管をつなぎ直すと、これから10年〜20年安心してお使いいただけます。)重要!

 

↓今回のユニットバスの提案はこちら!

 

0021.png

 

飾らずスタンダードな仕様です。

 

 

↓ユニットバスの平面図。 現地で確認した寸法を元に、設置可能なユニットバスをご提案します。

 

下が、入り口側。 左が窓側です。

 

0022.png

 

 

 

↓ユニットバスの断面図。

 

0023.png

洗面脱衣室と、ユニットバス床面の 高さの差は、わずかになります。

 

↓ユニットバスの断面図。 正面に窓が設置されます。

 

0024.png

ユニットバス下の土間面は、赤いラインまで下げないといけません。

現在のタイル土間から、約20cm掘り下げイメージです。

 

↓次は、洗面化粧台。 吊戸棚もご提案することにしました。

 

0025.png

 

使いやすい横幅75cmの洗面化粧台です。

 

壁面に、シャワー水栓が設置してあるのと、広いシンクが特徴です。

見た目がスッキリとする三面鏡がおススメです。

 

↓洗面脱衣室の床材は、クッションフロアを使用します。

お客様のお好みでラルフビーチを選びました。

 

0027.JPG

 

 

↓クッションフロア。 特徴のある木目の模様です。

 

0028.JPG

 

 


↓洗面脱衣室の壁紙は、装飾の少ないシンプルなものを選びました。

 

0029.JPG

 

 

↓住宅設備4点と合わせて、内装もキレイにしました♪

 

0030.png

 

今回は、ユニットバス・洗面化粧台・エコキュート・便器・ウォシュレットの交換をご提案♪

 

新築から同じ時間が経過した住宅設備は、だいたい同じ時期に機能性が下がります。

同じタイミングで交換をすることで、将来のメンテナンス費用を抑えることにつながることが多いです。

 

↓ユニットバスの提案書

 

0030_1.png

 

今回は、クリナップのユアシスをお選びいただきました。 ユニット内の保温性が特徴!

 

↓洗面化粧台の提案書

 

0030_2.png

 

今回は、クリナップ製のファンシオをお選びいただきました。

 

最初のご相談から、ショールームのご見学、ご提案、ご検討の期間を合わせると、3週間ほどかかりました。

いろいろと、お打ち合わせを進めて、ご依頼いただくことになりました。

 

ご依頼、誠にありがとうございます!

頑張って、キレイに工事をいたします!

 

商品をメーカーへ発注をして、2週間後、ユニットバスの納品の3日前に、解体工事に入りました。

1日目:浴室の解体

2日目:浴室の下地調整・土間づくり

3日目:コンクリート土間の養生

4日目:ユニットバス本体は、メーカーの責任施工!

 

↓それでは、工事を始めます!

 

0030_3.JPG

 

最初に、床面のタイルをハツリ取ります。

 

↓左右の壁は、横幅を確保するために、タイルを撤去します。

 

0031.JPG

 

 

↓換気窓のアルミサッシは、そのまま残します。

 

0032.JPG

 

出入り口の引違い戸と、間仕切り壁を撤去します。

 

↓不要な天井のバスリブも撤去しました。 天井裏が見えます。

 

0033.JPG

 

換気扇も撤去しました。 ここへ、新しい換気扇の排気口を繋ぎます。

 

↓床のタイルを剥がずと、ステンレス浴槽も取り外せます。

 

0034.JPG

 

洗面脱衣室の床材も撤去します。

 

↓窓側のタイルは、表面のタイルのみをハツリ撤去します。

 

0035.JPG

 

黄色いタイルは、予算を抑えるためにそのまま利用しました。

 

↓天井と、垂れ壁を撤去しました。 下地は、土壁で作られていて、仕上げは漆喰でした。

 

0036.JPG

 

 

↓洗い場まわりの土砂を取り除くと、浴槽が取り外せます。

 

0037.JPG

 

ステンレス製のため、思った以上に軽く感じました。

 

廊下から搬出します。

(浴室から、屋外までの搬出ルートを確保するために、廊下の扉を取りはずしたりする事もあります。)

 

↓浴槽の下は、だいたいこのようになっています。

(ここの排水管が詰まっていることもあります。)

 

0037_1.JPG

 

 

↓窓側壁の表面タイルを撤去しました。

 

0038.JPG

 

 

 

↓浴槽下のコンクリートもハツリ撤去して、排水管を取り出しました。

 

新規の排水管を延長していきます。

 

0039.JPG

 

 

 

↓排水管の延長工事中です。 丸の位置まで排水管を延長します。

 

0040.JPG

 

 

↓斜線部分は、ユニットバスの脚などが配置されるので、配管ができません。

0040_1.png

 

 

↓コンクリート土間の設置準備。 水平面の高さを設定しています。

 

0041.JPG

 

 

↓レーザーで高さを設定して、水平を確保します。

0041_1.png

 

 

↓各ポイントへ水平面を設定します。

 

0042.JPG

 

 

 

↓コンクリートの下地として、砂利をまきました。

 赤丸の部分から、給水・給湯・ふろ配管・リモコン配線を 新しく引き直します。

 

0043.JPG

 

 

↓古い配管は、鉄管だったため閉じて使わないことにしました。

エコキュートも合わせて交換をすることで、それぞれを繋ぐ配管も交換できます。

セットで見直すことをおススメします。

 

0045.JPG

 

規定の場所へ、新しいリモコンの配線を準備。

 

↓次は、洗面脱衣室。 床の下地材を撤去しました。

半数の骨組み(根太)が、本来の強度を無くしていました。 湿気による影響と考えられます。

 

0050.JPG

 

同じサイズの骨組みで補強します。

 

↓根太を補強して、床下地材を仮置きしています。

ユニットバス本体の設置完了後に、本格的な床の工事を行います。

 

0052.JPG

 

 

 

↓コンクリートを打設しています。 コンクリートは、セメント・砂・砂利・水を混ぜて固めます。

 

0053.JPG

 

赤いレーザーの基準を利用して、水平面にしていきます。

 

↓コンクリートを、金コテで仕上げました。

コンクリートが固まるのを待ってから、ユニットバスを設置します。

 

0054.JPG

 

 

 

↓ユニットバス設置前 浴室上部

 

0055.JPG

 

屋内の下準備が出来ました。

コンクリートが固まるのを待ちます。

後日、屋内の配管を済ませて、ユニットバスを組み立てます。

 

↓屋外の工事です。 電気温水器を撤去します。

 

0059.JPG

 

 

 

↓電気温水器の撤去後、床面の汚れを洗い流しました。

 既存の土間コンクリートを利用して、固定用のアンカー3本を設置します。

 

0060.JPG

 

 

 

↓設置予定のエコキュートの梱包写真。(高宮店で撮影。)

 三菱製エコキュート 型式: SRT−WT372

 

0061.JPG

 

 

 

↓貯湯ユニット本体を、アンカーボルトで固定しました。

 

0062.JPG

 

 

↓貯湯ユニットの正面図 以前よりコンパクトになっています。

 

0062_1.png

繋ぎ口が数多くあります。 それぞれキッチリと接続します。

 

↓右隣には、ヒートポンプユニットを設置しました。

 

0063.JPG

 

 

 

↓ヒートポンプユニットの正面図

0063_1.png

 

 

↓配管の接続が終わったら、正面の蓋を閉じます。

 

0064.JPG

 

 

↓丸印の裏に浴室の穴があります。

 配管・配線を新設しています。

 

0065.JPG

 

 

↓新しい配管のイメージ図です。

 

0066.png

 

 

 

↓配管と、配線を束ねて、キレイに化粧カバーをしました。

 

 

 

↓壁に開けた穴も、化粧プレートで埋めました。 キレイに仕上がりました。

 

 

 

 

↓屋外の工事が完了しました。 エコキュート本体の設置完了! 残るは、電源工事・・・

 

 

 

↓電気工事を行いました。

電気温水器の時には、屋外にタイマーを設置していましたが不要になるので撤去しました。

これからは、エコキュート内臓のタイマーで電気を管理します。

 

0068.JPG

 

 

↓電気配線のイメージ。

旧式の電気温水器から、エコキュートへ交換するために、電源ルートの新設が必要です。

 

0069.png

 

後日、ユニット内の給水・給湯配管を行い、ユニットバスの設置工事を行いました。

 

↓ユニットバスが設置されました。 出入り口の写真

 

0071.JPG

 

ユニットバス本体は、右側の隙間を見ると、既存のタイルを撤去して、やっと新設できたことが分かります。

 

ギリギリの設置でした。

 

↓換気扇用のリモコンの設置準備中。

引戸のため、正面の脇壁が少なくリモコンが設置できません。

いろいろと設置場所を検討した結果、右側に引き出すことにしました。

 

0072.JPG

 

 

↓ユニットバス出入り口の上部、垂れ壁を作っています。

 

天井の下地はそのまま。 後ほど、壁紙を貼ります。

 

0075.JPG

 

 

↓細かい所までキレイに施工 ♪

 

0076.JPG

 

 

↓壁の石膏ボードを張り進めます!

 

0078.JPG

 

 

↓次は、洗面脱衣室の床の工事!

 

0081.JPG

 

洗面化粧台と、洗濯防水パンの排水管の手直しをしています。

 

↓コーナーの骨組み(根太)も補強します。

 

0082.JPG

 

 

↓洗濯防水パンも交換しました。

 

0083.JPG

 

 

↓床の下地材を張り終えて、クッションフロアを貼る準備をしました。

 

0085.JPG

 

排水用の穴を2か所開けています。

 

↓洗面脱衣室の天井面。 パテ埋めで、キレイに下地が出来ました。

 

0086.JPG

 

 

 

↓壁面の下地もキレイに準備。

 

0087.JPG

 

 

 

↓仕上げ工事の前に、キレイにお掃除します♪

 

0088.JPG

 

 

↓クロスと、クッションフロアの工事が完了。 キレイに変身!

 

0089.JPG

 

 

↓タイルは、以前のままですが、とってもキレイに見えます。

 

0090.JPG

 

 

↓とっても明るくなりました。

 

0091.JPG

 

 

 

↓動きも軽い引戸の扉

 

0092.JPG

 

 

↓隅々までキレイになりました。

 

0093.JPG

 

 

↓クッションフロアも良い感じ。

 

0094.JPG

 

 

↓洗面化粧台の仕上げ工事 配管を接続しています。 最終調整

 

0101.JPG

 

 

↓こんな洗面化粧台です。

0101_1.png

 

↓広々シンクと、シャワー水栓がおすすめ!

 

0102.JPG

 

 

↓吊戸棚の収納量 大 お役に立ちます。

 

0103.JPG

 

 

↓三面鏡の背面には、収納がいっぱい。

 

0104.JPG

 

 

↓くもり止め機能付き

 

0105.JPG

 

 

↓水を出してみます。 軽いレバーで吐水できます。

 

0106.JPG

 

 

↓手元レバーで簡単にシャワーへ切り替わります。

 

0107.JPG

 

 

↓シャワーを引き出して、使用することもできます。

 

0108.JPG

 

 

↓吊戸棚を設置するために、背面の壁を補強しています。 吊戸棚は、とっても役に立つ!

 

0109.JPG

 

 

↓軽い引戸 こんなイメージ…

 

0121.JPG

 

0122.JPG

 

0123.JPG

 

 

↓出入り口の段差はわずか。

 

0124.JPG

 

 

↓手すりも付いて、浴槽の高さも低くて 何かと安全に配慮してあります。

 

0125.JPG

 

 

 

↓可動式のシャワーフック

 

0126.JPG

 

 

↓広々とした浴槽です。

 

127.JPG

 

 

↓フタ置きが浮いたいるのも良いですね。

 

0130.JPG

 

 

↓ランドリーバーを使って、洗濯ものの乾燥が出来ます。

 

0131.JPG

 

 

↓既存のアルミサッシを利用しても、キレイに納めることが出来ました。

 

0131_1.JPG

 

 

↓額縁もキレイに納まりました。

 

0131_2.JPG

 

 

↓窓を扱わないことで、コストダウンを実現しました。

 

0131_3.JPG

 

 

↓スタンダード仕様ながら、使いやすい混合水栓を採用。

 

0132.JPG

 

 

 

↓洗面器を置ける台

 

0133.JPG

 

 

↓大きめのシャワーヘッドで、水滴が広がります。

 

0134.JPG

 

 

↓エコキュートのリモコンは、扱いやすい高さに設置しました。

 

0135.JPG

 

 

 

↓浴室乾燥機のリモコンです。 換気・暖房・乾燥・24時間換気 機能

 

0140.JPG

 

浴室は、24時間換気をおススメします。

 

↓天井面の 浴室換気乾燥機

 

0141.JPG

ユニットバスの工事写真はここまでです。

 

↓隣のトイレの 便器の交換と、床のリフォームをしました。

 

(同じクッションフロアを貼りました。)

 

0150.JPG

 

ご依頼、誠にありがとうございました。

 

 

↓ユニットバスの イメージ写真1

 

0201.jpg

 

 

 

↓ユニットバスの イメージ写真2

 

0202.jpg

 

 

 

↓ユニットバスの イメージ写真3

 

0203.jpg

 

 

 

↓あなたの生活のイメージをお聞かせください!

 

0300.png

 

 

住宅設備アドバイザーが、専門診断へお伺いします♪

 

 

↓安心・快適になる♪ ユニットバス リフォーム

 

9999.png

 

あなたのお困りごとをお聞かせください。 ご連絡をお待ちしております。

 

■トライクルハウス株式会社

 

■電話:092-791-1801

 

■住所:福岡市南区高宮1丁目9-18

 

■営業時間

平日 :午前9時〜午後7時

土曜日:午前9時〜午後5時

日曜日・祝日:休日

ご訪問の日時は、お気軽にご相談ください。 

 

 

↓トライクルハウス株式会社ホームページ  博多の建築士三兄弟

http://www.tricyclehouse.co.jp/index.html

 

 

↓クリナップ バスルーム ホームページ 「ユアシス」

https://cleanup.jp/bath/yuasis/index.shtml