<< 福岡 黄砂と、花粉の季節がやってきた↓困った… アレルギー体質のわたし 博多の建築士三兄弟 | main | 福岡 3月のひな祭りには、綺麗な顔のふたりに会えます。博多人形のひな祭り 博多の建築士三兄弟 >>
2018.03.02 Friday

福岡 健康診断に行ってお腹を下す…。診断書には、小児喘息の後遺症。 博多の建築士三兄弟

0

    こんにちは。

    博多の建築士三兄弟の中島只義です。

    昨日は、会社で手配した健康診断へ福岡市南区の塩原公民館へ行ってきました。

    みんさん、年に一度は健康診断していますか?

     

    ↓アンケートに答えて、健康診断へ!

     

    ■昨日、健康診断へ行って体調を崩してしまいました。

    バリウムは、頑張って飲むことはできますが、レントゲン後に飲む下剤が体に合っていないみたいです。

    午前11時に下剤を飲みましたが、夜になってもお腹がずっとつらい。

    来年は、胃カメラに切り替えて、バリウム・下剤とサヨナラしたいです。

     

    診断メニューは、身長・体重・腹部、視力・聴力測定、心電図、血液検査、問診、胸部レントゲン、胃部バリウム検査でした。

    血液検査からは、さまざまな体の状態がわかるので、年に一度は受けておきたいです。

     

    健康のための診断ですが、診断メニューはよく考えて選んだ方が良いかもしれません。

     

     

    ■毎年見る健康診断書には、必ず書いてある「医師の所見」があります。

    X線胸部撮影:右胸部に影

    問診の際のお医者様からの説明では、「小児喘息の時に肺炎の後ではないでしょうか!?」とのこと。

    確かに、幼児のころはひどい発作でとても辛い思いをした記憶があります。

    肺の一部が機能していないのかなぁ?など、考えると少し悲しくなります。

     

     

    ■小児喘息で闘うご家族へ

    喘息の発作が起きたら、出来るだけ早く吸入器を使用するか、病院に早く連れていき対処をしてほしいと思います。

    (自宅にポータブルの吸入器を置きましょう。)

    喘息は、本当に息苦しくて辛いものです。出来るだけ早く、楽にしてあげてほしいです。

    心肺機能を高めるプールなどのスポーツに参加させて体力をつけて、発作の原因となるアレルゲンに触れない環境づくりをしてください。

    ご家族の健康を願います。

     

    将来は、必ず元気になることを信じて治療を進めてください。

     

     

    私は、とても健康ですが子供のころは辛かった。

    この健康を継続できるように、身体を大切に扱いたいと思います。

    健康に感謝!

     

     

     

     

    建築士として、「健康的な住まいづくり」頑張ります!